【 ひび割れ補修 】コンクリート構造物の維持・補修

ひび割れ補修

コンクリート構造物のひび割れは、構造的に問題がない場合でも内部の鉄筋を腐食させたり、凍害劣化を引き起こす原因となる場合があります。
ひび割れの幅や構造物の使用条件などで補修方法が異なります。

ひび割れ補修(充てん工法)

ひび割れ幅が比較的大きい場合や漏水などが見受けられる場合ひび割れにそってU字の溝をつくり補修材を充填します。

ひび割れ補修(低圧注入工法)

ひび割れ幅が比較的小さい場合専用の注入器具で補修材を注入します。

漏水補修

漏水している箇所の水と接触すると短時間で反応し、発泡硬化して瞬時に止水します。

【 断面修復 】コンクリート構造物の維持・補修

断面修復

コンクリートは様々な要因で劣化が急速に進行する場合があります。その場合は劣化部分を取り除き断面修復材で本来の形に戻す必要があります。

断面修復(左官工法)

様々な原因で劣化したコンクリートをポリマーセメント等で補修します。

断面修復(吹付工法)

断面修復のうち規模が大きい場合や天井面の施工に使用されます。ポリマーセメントをポンプで圧送し、空気圧縮機で補修面に吹き付けます。

【 剥落対策・アンカー 】コンクリート構造物の維持・補修

剥落対策・アンカー

公共事業では、コンクリート橋の寿命を延ばす対策としての様々な維持補修が行われるようになりました。

コンクリート剥落対策

近年、古いコンクリートが剥落することによる第3者災害が問題となっています。橋やトンネルなどにおいて車や人が通行する場合においては、危険な箇所を補修しかつ、特殊シートを貼りつけて剥落を防止する工法です。

あと施工アンカー

橋梁下部工のコンクリート増圧工事などで鉄筋等をコンクリートに定着させます。【第1種あと施工アンカー施工士在籍】

【 表面保護・改質 】コンクリート構造物の維持・補修

表面保護・改質

コンクリートはそのほとんどが表面から劣化が進行します。
予防のために新設時に表面保護を行う例も増えてきています。

コンクリート表面保護 (含浸系)

橋面のコンクリートは冬期の融雪材や凍結融解により過酷な環境となります。それらを少しでも予防するためにコンクリートに保護材を含浸させて有害な要因から保護します。

コンクリート表面保護 (塗装系)

コンクリートは大気に含まれる二酸化炭素により中性化が進行します。中性化が進行すると内部の鉄筋を腐食させる要因となるためそれを予防するために表面を樹脂塗装で覆う工法です。

【 橋梁補修 】コンクリート構造物の維持・補修

橋梁補修

公共事業では、コンクリート橋の寿命を延ばす対策としての様々な維持補修が行われるようになりました。

高欄の取替

既存の地覆コンクリートを取壊しアンカーボルトを新たに埋め込んで設置します。

伸縮装置の取替

橋面の継目部分の補修(取替)橋は振動や温度変化により動く構造になっています。この部分から下面に漏水すると、橋の鋼材などを腐食させる原因となります。

支承の補修

橋を支える重要な部位です。橋座部分の劣化の度合いによっては桁をジャッキアップして行います。